だしへのこだわり

e0366576_11432385.jpeg

だしのおはなし。

昨日の予告どおり今日はだしのお話を。。
みなさんだしってとってますか?ちょっとめんどぉ~って思いますよね。
でも、だしっていうのは料理の基本!あなどれませんよ。
もし時間があったら、だまされたと思ってぜひだしを取ってください。
私は一度にたくさんだしを取って、ジップロックなどの保存用冷凍バッグに
2カップ(400cc)ずつ入れて冷凍して保存しています。週末などにたくさんとっておいて
使う前に解凍すれば、意外とめんどうではないですよ。

まず、だしの種類について。だしにはいろんな種類があるんです。
かつおだし、こんぶだし、混合だし(かつお&昆布)、にぼしだし、精進だし
そして、だしの引き方にも、一番だし(お吸い物用)、二番だし、三番だし(煮物、味噌汁用)があり、
あれこれ書いているとなが~くなります。

よって、今日はもっともポピュラーな「かつおと昆布の混合だし(合わせだし)」をご紹介。
なぜポピュラーなのか?それはおいしいからでしょう。ではなぜおいしいの??
よく「旨味」という言葉を耳にしますが、人が感じる五つの味(甘味、塩味、酸味、苦味、旨味)
のひとつであるこの「旨味」を発見したのはなんと日本人!!その旨味が一番強いのは混合だしなのです。
かつおにはイノシン酸、昆布にはグルタミン酸という旨味成分が含まれていて、この2つが一緒に
なると相乗効果により、さらに旨味がアップします。というわけでおいしいのです。
市販の粉末だしや味の素にも当然このグルタミン酸などの旨味成分が含まれています。が、、
自分で丁寧にとっただしの香りや味にかなうものはありません。
だしの取り方を別途UPしますので、ぜひご覧ください。


[PR]
# by pinpinken | 2007-09-06 18:30 | Comments(0)

e0366576_11432471.jpeg

目にもおいしい!カラフルで食欲の出る中華をいっただっきま~す。
【材料】2人分
牛肉 150g(薄切りでもかたまりでもよい)
ピーマン 2個
パプリカ(赤)1/2個
パプリカ(黄)1/2個
長ネギ 1/2本
ショウガ 1片
にんにく 1片
豆板醤 小さじ2
水溶き片栗粉 大さじ2(片栗粉大さじ1に水大さじ2を入れてまぜる)
ごま油 適宜

《調味料A》牛肉の下味付け用
塩 ひとつまみ
酒 大さじ1
こしょう 少々
卵黄 1個
片栗粉 大さじ2

《調味料B》全体の味付け用
醤油 大さじ2
砂糖 大さじ1/2
酒 大さじ2
酢 大さじ1
オイスターソース 小さじ2
旨味調味料(味の素)少々
中華スープの素 小さじ1/2

☆下準備
・牛肉を細切りにし、調味料Aと一緒にボールでよく混ぜなじませておく。
・ピーマンとパプリカは細切りにする。
・長ネギ、ショウガとにんにくはみじん切りにする。
・調味料Bを合わせておく。

【作り方】
1.中華鍋または大きめのフライパンにやや多めに油をひき、下味を付けた牛肉を入れ火をつける。
色が変わったら、バットやお皿にあけておく。
2.同じ中華なべにショウガとにんにくを入れ炒め、鍋の空いた部分で豆板醤を炒める。
火が通ったらショウガ、にんにくと一緒に混ぜる。
3.ピーマンとパプリカを入れ、さっと炒める。
4.1の牛肉を入れて全体を軽くまぜた後、長ネギと調味料Bを一気に入れ混ぜる。
5.水溶き片栗粉を入れ全体にとろみをつける。
6.ごま油をかけ、つやを出す。


[PR]
# by pinpinken | 2007-09-04 18:04 | Comments(0)

塩へのこだわり

e0366576_11432504.jpeg

塩のおはなし

塩分は高血圧を引き起こす原因となるため、現在わが国が目標とする一日の塩分摂取量は8gだそうです。
8gというと小さじ1と1/2強くらいですね。少ないと感じる人が多いと思います。確かに自分でももっと取っていると思います。でも、こういうことを知っておくとなんとなくでも気をつけようと思えるものです。
忙しい現代社会において、外食や中食(惣菜などを買って持ち帰り家で食べること)が多くなってしまうのはしかたがないこと。でも、一般的に外食の油分や塩分は家で作るものの3倍にもなるとか!!!
なので、できるだけ自分で作って食べたいものですよね。
長くなりましたが、私が家で使っている塩をご紹介。。
左はオーストラリアで買ってきたもの
中央はみなさんおなじみの「クレージーソルト」ハーブやスパイスが塩とブレンドされている。
右は父の田舎(新潟)が誇る「藻塩」
どれもミネラル分が豊富で普通の塩と比較すると旨味があって、使う量も少なくて済みます。
やっぱり一番のおすすめは「藻塩」ですかね。今ではハンズなどでも売っている人気商品だとか・・・
たかが塩、されど塩。おためしあれ。。


[PR]
# by pinpinken | 2007-09-04 11:22 | Comments(0)

e0366576_11432669.jpeg

今日は月曜日。晩御飯作るのがちょっと億劫!?(笑)
でも野菜はちゃんと食べたいですよね。あと一品ほしい時に作ってみませんか?
【材料】
いんげん 一束(10本くらい)
いりゴマ 大さじ3
砂糖 小さじ2
醤油 小さじ2
塩 ひとつまみ

【作り方】
1.大きめのお鍋にたっぷりお湯を沸かす。沸いたら塩を大さじ1入れる。
2.よく洗ったいんげんを入れ、お好みの固さにゆでる。(私は普通が好きなので5分くらいゆでる)
3.ざるに上げ冷ます。(このことを「気あげ」という)
4.すり鉢でゴマをする。すり鉢がなければフードプロセッサーなどでもよい。それもなければすりゴマを買ってきて使ってもよい。
5.4に砂糖を入れまぜ、食べやすい大きさに切ったいんげんを入れ和える。
6.醤油を入れて味見をし、塩で味を整える。

☆醤油と塩は味を見ながらちょっとづつ加えましょう♪~


[PR]
# by pinpinken | 2007-09-03 19:40 | Comments(0)

アボカドチップス

e0366576_11432660.jpeg

日曜日の夜、ビールのおつまみにいかがでしょうか?
【材料】
アボカド 1個(よく熟したもの)
トマト 小1個
玉ねぎ 1/4個
オリーブオイル 小さじ2
ドレッシングビネガー 小さじ2(ワインビネガーでもよい)
レモン汁 少々
塩、こしょう 適宜
コーンチップス

【作り方】
1.玉ねぎは細かいみじん切りにし、水にさらし辛味を抜く。
2.1の水を切り、ペーパータイルで水気をよく取る。
3.トマトは種の部分を取り除き、5㎜角に切る。
4.アボカドはボールに入れ、スプーンでつぶす。
5.4に2と3を混ぜ、さらに調味料すべてを加え和える。
6.器に移し、コーンチップスにつけて食べる。


[PR]
# by pinpinken | 2007-09-02 20:33 | Comments(0)